RECRUIT / 採用情報

Job Information求人情報

冨永調査事務所の求人募集要項です。

職種 測量・土木設計・補償調査・都市計画・営業
募集対象 大学または大学院を令和4年3月に卒業見込みの方、または卒業された方
理・工系全学部
募集期間 随時
採用予定 若干名
選考方法 書類選考・面接
提出書類 履歴書・成績証明書・卒業見込証明書または卒業証明書・健康診断書
給与 当社規程による
諸手当 資格手当、家族手当、通勤手当、超過勤務手当、住宅手当
昇給 年1回(勤務状況に応じる)
賞与 年2回(夏季、冬季)
勤務時間 8:00~17:00
勤務地 群馬県高崎市石原町3207-1(本社)
休日休暇 日曜日、土曜日(会社が指定した日)、祝日、年末年始、慶弔休暇、有給休暇
加入保険 健康保険、厚生年金保険、労災保険、雇用保険
福利厚生 厚生年金基金、各種レクリエーション、資格取得支援制度、退職金共済
担当 総務部長(増田) TEL 027-323-9933
E-mail : masuda@tominagachosa.co.jp

Event社内イベント

冨永調査事務所で行っているイベントです。

東北へ2泊3日の社員旅行に行きました

今年の社員旅行はバスを貸し切り、5/30㈭~6/1㈯と6/6㈭~6/8㈯の2班に分かれて2泊3日で東北を巡りました。 1日目は「最上峡芭蕉ライン舟下り」に乗り、クラゲで有名な「加茂水族館」に行き、湯野浜温泉の旅館「いさごや」で宴会を行いました。 2日目は「羽黒山神社」を参拝し、寒河江市内で昼食をとった後「山寺立石寺」を参拝。さくらんぼ狩りを行い、夜は仙台市で自由行動となりました。 3日目はNPO法人 野馬士様の案内で「...

6月22日に毎年恒例、夏の大掃除を行いました

冨永調査事務所では、6月と12月の年二回会社全体で大掃除をしています。 今年も事務所や社有車の清掃、書類整理等を行いました。 また、大掃除の際には会社に隣接する市道の清掃として側溝内部の落ち葉回収等にも取り組んでいます。 ...

Exploration会社探検

冨永調査事務所に所属する先輩たちに、少しだけ話をきいてみました。

社員インタビュー01大橋さん

「地学王に俺はなる!!」

◆入社のきっかけ
就活応援ナビの合同説明会で冨永調査事務所のことを知りました。
もともと学校で測量を学んでいたこともあり、測量の仕事に興味がありました。 冨永調査事務所の業務は、公共事業をメインとしているということで、安定した職場という印象があり入社を希望しました。

◆ 入ってみてからのギャップ(実際のところ)
入社して感じたことは、思っていた以上に会社の人と勤務外で会うことが多いことです。休日に同期や、先輩と遊びに行ったり、仕事終わりに飲みに行ったりして、コミュニケーションを図っています。 勤務外での交流は、上司との距離が近くなったり、課の違う人とも交流があったり、会社全体でのコミュニケーションの円滑化や、良好な人間関係や職場環境を構築するのにとてもいい機会だと思います。 これからは、冨永調査事務所での仕事を通じて、地学に精通した博識な人間になりたいと考えています。

社員インタビュー02髙橋さん

「人が好き、家族が好き、群馬が好き」

◆入社のきっかけ
大学にきた求人情報で、冨永調査事務所のことを知りました。 もともと測量の勉強をしていた訳ではないのですが、会社説明会に来たときに、県内の公共事業中心の仕事をしていると知り、地元で働けて住んでいる地域に貢献できる仕事をしたいと思いまいした。
地元が好きで、地元での就職を希望していました。将来もずっと群馬県内に住み続けたいと思っています。

◆入ってみてからのギャップ(実際のところ)
冨永調査事務所に入社する前は、仕事の内容はまったく想像できなくて、測量機器しか思い浮かばなかったです。
入社してみてわかったのは、個人情報の取り扱いが多いことに驚きました。地権者さんの情報を調べたりする業務もあるので、個人情報の取り扱いにはとても気をつけています。
また、測量の現場は道路や橋以外にも険しい山だったり、大きな川に行ったりすることがあることにも驚きました。
測量の知識や資格はありませんが、自分の知っている町の図面を作成したり、少しでも携わったところの場所が形に残るのはとてもやりがいがあることだと思っています。

社員インタビュー03荻野さん

「仕事と家庭を両立したい」

◆入社のきっかけ
結婚を機に2年半勤めていた会社を辞め、群馬県へと引っ越してきました。
将来を見据え、産休・育休がしっかりととれる会社を探していたところ、職業安定所で冨永調査事務所の求人を見つけました。
前職が建設会社の事務員で、測量・設計業とは近からず遠からずの分野に勤めていたこともあり、自分の経験を活かせるのではないかと思い、求人に応募しました。

◆入ってみてからのギャップ(実際のところ)
社員数が多く歴史も長い会社なので厳しそうというイメージが漠然とありましたが、実際に入社してみるとどの先輩方も優しく、温かく迎えてくださいました。
また、社員旅行やお花見、慰労会など社内イベントが豊富で、普段あまり話す機会のない課の人たちとも交流でき、和気藹々とした会社だと思います。
業務面では以前勤めていた会社よりも電話の件数や来客数が多く慣れないことも多いですが、上司や先輩がフォローしてくださるので、安心して業務に取り組むことができます。
これからも前職での経験を活かしつつ、素早く丁寧な仕事ができるよう努力し、家庭と仕事をうまく両立させていきたいです。

社員インタビュー04前川さん

「事務スキルを活かして」

◆入社のきっかけ
転職を考えた際に公共職業安定所で応募されていたこちらの求人に。「調査事務所」という響きが、最初は探偵事務所のようで気になり目にとまりました。
私は前職でも事務として働いており、接客をメインに電話対応やExcel・Wordを使用した資料作成を担当していました。
前職での経験を活かして、スキルを向上したいと考えて応募させていただきました。前職で身に付いた事務のスキルを活かして、役に立つ社員を目指していきたいです。

◆入ってみてからのギャップ(実際のところ)
入社してから不満に感じた点は特にはありません。
自分が希望していた環境が整っており、面接で受けた際に感じた印象と入社してからの会社に対しての印象に大きなギャップはありませんでした。
 前職からのギャップは、業務内容や商材は違ってもExcel・Wordを使用した資料という点では同様に感じました。
 ただ、前職はどちらかというと接客業務メインだったの対して事務員と業務に集中出来ます。

社員インタビュー05小林さん

「メリハリのある厳しくも働き甲斐のある会社」

◆入社のきっかけ
私は就職先を決める上で、生まれ育った地域で市民のために働ける仕事がしたいと考えていました。
中でも冨永調査事務所に決めた理由は、社員が活き活きと働いている印象が強かったからです。

◆入ってみてからのギャップ(実際のところ)
実際に入社して率直に思ったことは先輩社員と若手社員との距離が近いことです。
私は補償調査課という部署に配属されましたが、学生時代に関連した勉強を行っていた事はなく、何の知識もなかったので仕事の内容にとても不安がありました。
しかし、上司や先輩方に一から丁寧に仕事のことについて教えてもらうことができ、わからない事なども気軽に相談することができるので、そのような不安はすぐになくなりました。
また、この会社は色々なイベントごとがありとても楽しいです。今は仕事を覚えるのに必死ですが、一日でも早く仕事を覚え信頼される社員になりたいと思います。
楽しいことや辛いことも多いですが、メリハリのある厳しくも働き甲斐のある会社です。

社員インタビュー06野口さん

「地元でやりがいのある仕事を」

◆入社のきっかけ
通っていた高校の科の先生と、高校卒業後の進路について話をしていた時に紹介していただき、冨永調査事務所について知りました。
高校では、測量をメインで学習していた訳ではないのですが、土木分野の中で特に測量に興味があり、授業や実習時間の中で測量が自分に一番向いていると感じました。
また、公共事業中心の会社と知り、地元に貢献できるやりがいのある仕事ができると思ったため入社を希望しました。

◆入ってみてからのギャップ(実際のところ)
高校卒業後、進学せずに就職した私には、わからない事だらけですごく不安でしたが、先輩方からたくさんのフォローを頂きながら、色々な現場を経験させていただいています。 日々、新しく学ぶことだらけでとても充実しています。
私と同じく高校卒業後すぐに入社されていた先輩も、進学して入社された先輩と何の差もなく活躍されている姿を見て、自分もそんな先輩のようになりたいと思いました。
数年後・数十年後に今の先輩方のように活躍できる人材になり、たくさん地元に貢献できるよう努力していきます。